健康栄養情報に関する野菜画像

体操・呼吸法に関する健康法アンケート結果

第1回目の調査(健康法の紹介と体験談)における体操・呼吸法に関する回答結果を掲載しています。回答数は2件でした。 ストレッチを兼ねた体操や呼吸法が健康法として寄せられました。

なお、当調査は限られた調査対象者による回答(定性調査)に基づくまとめです。

背伸びを頻繁・習慣化で肩こり予防【20代女性】

物事を始めなければいけないのに、動くのが億劫になるとき、私は少し体を動かすことを習慣にしています。 パソコンの前から動きたくないとき、とりあえず座椅子から立って、背伸びをすると動きたくなくても動かなければいけない気持ちになれます。 一つのスイッチのようなものですね。 あまり重要な事でなくても、コーヒーでも淹れに行こうかとか、そのような理由でも体を動かす習慣づけに出来ればいいなと思って始めたことです。

あと私の家は、肩こり持ちの家系なのですが、たまに背のびをするようになってからは、それほど肩の痛みに悩まされることもありません。 母にも勧めましたが、肩が痛くて腕が上がらないという残念な返事でした。

身体が強張ると、動きたくても動けない状態にまでなってしまいます。 これからも体を動かす習慣を維持していれば、私は年をとってもまともに活動できるかもしれないので、この習慣を続けていきたいです。

便秘解消の抱え込み体操と呼吸法【50代女性】

頑固な便秘症で胃腸の弱い父は病院へいつもお世話になっています。 時に救急で脂汗を流して点滴を受けたこともあります。それ以来、特に お腹をへそを中心に左を特に手のひらでマッサージしてと、いつも言ってはいました。

でも、悪くないときは右から左の父でした。でも、最近怖くなってきたのか時々しているようです。

それに加えて、足を抱え込む体操がいいとテレビか人に聞いたのか抱え込む体操だけは続いているようです。健康関係の情報に少し気を付けるようになって、呼吸を吸って5秒吐いて15秒という腹式呼吸が慢性のひどい便秘症にとても効くというのですぐ実行しました。そうするとしっかり快便となったというので嬉しくなったのか抱え込みと呼吸法をするようになりました。

最近はお医者様などがテレビ番組で最新の情報を伝えてくださるので、そういった番組があるたびにチェックしてるようです。父だけでなく健康のために家族も簡単に続けられる物は取り入れてやっています。

このページの先頭へ